健康問題への重大な発展の未然化と、製品品質の保護に『結露・防錆』対策製品

我々の生活において「じめじめした時期」もしくは「積雪の時期」に話題になりがちな結露ですが・・・

実は結露とは・・固体状態における物質の表面、または内部で、空気中の水蒸気が凝縮する現象であり、下記の様な状況下で起こります。

・結露の種類―発生箇所による分類―

表面結露

一般に結露といえば、表面結露を指す。最も多い事例は、冬季、窓ガラスやアルミサッシで発生する結露である。発生原因は、居住者のライフスタイルに起因することが多い。開口部に断熱性能の高い、複層ガラスや断熱サッシなどを用いると開口部付近での表面結露は起こりにくくなる。

内部結露

建物の室内側に防湿層がなく、室内で発生した水蒸気が壁体内に侵入する場合に発生する。これにより、木材や断熱材等の腐敗や劣化が進み、建物の寿命が短くなる。主に冬に起こるが、エアコンの普及により夏季にも起こりうるようになった。

建物ではないが布団が湿るのも同じ原理である。体表部の温度は36℃程度で水蒸気を発散している。布団の厚みの中で、外に向かって徐々に温度が下がっていく(これを温度勾配という)。室温が低いと布団の中で結露が起きるので布団は湿り、頻繁に干さなければならない。これを防ぐには室温が下がらないように保温し、布団の中で結露が生じないようにすることである。

結露の種類―発生原因による分類―

冬型結露

室内の水蒸気の量が多い場合に発生し、外気によって冷やされるガラス、サッシ、壁の中の温度が露点以下になる部分で生じる。自動車では、冷え切った車体表面に結露が発生する。また、トンネルや屋内に入った際、窓の外側やリアビューミラーの表面が曇り、視界が妨げられることがある。

夏型結露(逆転結露)

夏季の地下室や常時開放された倉庫などの床、エアコンがよく効いた部屋の冷たいものに高温多湿な外の空気が流れ込んで接触することで発生する。また冬型結露の逆で、エアコンでよく冷やされた建物では、外部の湿った空気が壁の内部に侵入し温度勾配の露点温度以下の部分で発生する。壁の外部にも防湿膜を設置することにより避けることができる。

建物や自動車の窓では、室内を冷房した際に屋外側に結露が発生する。

(以上wikipediaより)

より簡単に言えば結露とは、

空気中の水蒸気が水滴となって物体の表面に付着する現象のこと

です。

冒頭に述べたようにこの結露が一年を通して問題視されていますが、それではこの結露の何が問題なのでしょうか?

結露の発生が・・

1.錆やカビの発生につながる

1-1カビの発生

暖房により暖められた空気、様々なものから発生する湿気、空中に巻き上げられたゴミや埃を結露がキャッチする。 この様な状況・環境がカビの繁殖につながり、カビは繁殖の際目には見えない「胞子」を飛ばす。その胞子はぜんそくやアトピー等の病気、通称「カビ肺炎」等の健康被害の元となる。

1-2 ダニの繁殖

1-1によってできた状況・環境は同時にダニの死骸やフンのたまり場となり、それらはアレルゲンと化し、ぜんそくの大きな原因の元となる。

1-3シミや腐食への発展

この様な流れによりできた状況・環境を放置しておくと、その水分が壁表面(壁紙)に吸い込まれ、そこにカビが発生し、シミの発生や壁のほころびのきっかけとなってしまいます。

それでもなお結露への対策を怠ってしまうと、上記以上に建物への水分浸食が進み、木材断熱材床材へも影響を及ぼしてしまいます。結果建物全体へ影響が出てしまい、カビの臭いや細菌や虫の蔓延しやすい状態、左記の結露の影響により地震にも弱い建物となってしまいます。

この様に初期の対応を怠ってしまうことにより、結露は2.等の重大な損害をもたらせてしまいます。

そしてその結果、人体問題、製品へのいたずら、建築物への浸食 へつながってしまいます・・・

・結露を出さない様にする対策として

冒頭「内部結露」にて説明した通り、暖かい空気が急激に冷やされることで発生するものが結露であるということなので、「※水分含有量の多い空気を発生する元を出来るだけ抑えること」が結果的に結露の防止・抑制につながります。

ちなみに※には、

・人間の呼吸と汗  ・お風呂    ・石油ファンヒーター

・観葉植物   ・洗濯物    ・加湿器等

が含まれます。

しかしながら、上記※を見た時に「では結露を出さない為には?」となると残念ながら完全な結露のシャットアウトは現代の環境下では難しいと言わざるを得ません。

そこで弊社ではより簡易に結露を処理できる様、またはそれによって生じてしまった(しまう)、錆を簡易に防ぐことのできるアイテム群をご用意しております。

・結露事故防止シート『CTシート』

CTシートはコンテナ内の天井に発生した結露による貨物の濡れ損を防止することを目的とした結露吸収シートです。 水蒸気を含んだ空気は通しますが、結露した水は通さない構造になっています。 またCTシートは補強材によって支えられており、吸水することによってシート重量が増加しても大きく垂れ下がることはありません。

水分含有率の高いコーヒー、カカオ、香辛料、穀物類などの食料品、あるいは飼料、パルプ、木製品、ダンボール梱包品などの輸送中の結露事故防止に最適です。

・ 高性能乾燥剤 『EX-DRY』

・ハイパワー、即効性
EX-DRYはシリカゲル等の無機系吸着乾燥剤に比べ、5~7倍の吸湿力があり、さらに初期吸湿能力に優れております。他の乾燥剤と比較をしてみますと(上図参照)、起ち上がりは優秀で更にそのパワーの持続も他の追随を許しません。

・安全性
EX-DRYは吸湿時に化学反応を起こしません。高純度無水塩化カルシウムが湿気を吸湿し、 高分子CMCが潮解液をゲル状に凝集します。この2物質は融雪剤や食品添加物に指定されているほど安全です。

・EX-DRYは各国化学法規制に対応しております。
特に欧州、中国での化学物質等の法規制についてはいち早く対応を済ませ、安心して輸出・使用していただけるよう対応しております。 対象製品1つごとに下記法規制すべてに対応したラベル表記を施しております。

・素材1 高純度無水塩化カルシウム

その他、錆を発生させない様にするフィルム状の製品群(チューブ、ガゼット型、ストレッチフィルムタイプ等)がございますので、保護されたい対象によって製品のご提案をさせて頂いておりますので、資料やサンプルのご用命等ございましたら下記問い合わせページよりその旨ご連絡ください。